サンボとエリスのヌルヌル初体験

エ:おにいちゃ~ん、今日は2回前の妄想で予告したヌルヌル初体験をしようよ~!

サ:なんだ、まだ言ってるのか?

エ:うん、どうしてもしたいんだもん。ダメ?

サ:…わかった。今日は気分がいいから特別、提案に乗ってやるよ。

エ:本当に!?やったー!それじゃあお互いぬりっこしようね!おにいちゃんにはわたしがぬってあげる。ヌ~リヌリ…

サ:うわぁ、エリス。急にぬったら、ひんやりするじゃないか!

エ:えへへ~。ちゃんと体全体にぬっとかないとね~。ヌリヌリ…

サ:あぁ、そんなとこまで…

エ:ヌ~リヌリ…。ふぅ~、これで体中行き届いたかな?

サ:おお、俺の方はもういい感じだぜ!

エ:それじゃあおにいちゃん、今度はわたしにもぬってよ~

サ:わかったわかった。ほらよ、ヌリヌリ…

エ:あぁ…。ホント、最初はひんやりするね。

サ:だろ?エリスにもちゃんと体全体にぬってやるぞ、ヌリヌリ…

エ:あぁ、おにいちゃんの手がわたしの体に…。おにいちゃんの指が動いてる…。気持ち良いよぉ。

サ:さ、ぬり終わったぞ。

エ:えっ!ちょっとおにいちゃん!まだぬってないところがあるよ!胸とかあそことか、肝心なところにまだちっともぬってないじゃん!

サ:な、何言ってるんだよ!そんなとこまで"虫よけ"をぬる必要はないだろ!

エ:あっ!そ、そうだったね…。ついつい勘違いしちゃった。

サ:どういう勘違いだよ…。しかし腕とか足とか、皮膚が出てる部分は体中ぬらなきゃならないから大変だな。盲点もあったし。

エ:おにいちゃんたらわたしが首や耳の後ろにぬったら、「そんなとこまで…」って言ってたもんね。

サ:ああ。虫よけをぬりあいっこするなんて初めてだったけど、やってみたら自分では気づきにくい部分にもぬれて良かったぜ。

エ:良かった?う~ん…。

サ:ん?エリス、どうした?

エ:おにいちゃん、やっぱり腑に落ちないよ!全然良くない!わたしが期待してたぬりあいっこと違うもん!ローションプレイはどうしたの!

サ:な、何言ってるんだよ!「今日は季節はずれの花火大会があるから見に行こう」って、誘ってきたのはお前だろ!それで「まだこの時期でも外に蚊は飛んでるから虫よけもぬっとこうね」って話になったんじゃないか!ローションだなんて一言も言ってない。

エ:えー、そっちの意味だったのー!

サ:当たり前だろ!それにいくら気分が良くても、さすがに兄妹関係が危険な方向へ向かいそうなぬりあいっこなんて受けないよ!

エ:むぅ~

サ:まぁそんなことより、早く花火見に行こうぜ。

エ:公園に行くの?

サ:あぁ。あそこの公園の周りには高い建物もないし、よく花火が見えそうだからな。

エ:そうか~、確かに開放感があっていい場所だもんね。

サ:開放感?

エ:うん。だから花火見てロマンチックな気分になったら青姦しようね!"花火"よりきれいな、わたしの"花ビラ"見せてあげる!

サ:…お前は、あくまでエロにこだわるんだな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック