おとボク #03

おとボク第3話「おとめが乙女を選ぶ時」。
今回はエロシーンありませんでした、ちっ!w


画像

エルダー選挙に向けて瑞穂票を増やすため、根回し活動を行うというまりやちゃん。
当の瑞穂ちゃんはあまり乗り気ではない様子。


画像

しかし本人の意思とは関係なく、活動は開始されてしまいますw


画像

そんなまりやちゃんたちの根回し活動を、影から見張る生徒会長参謀メガネ。
この後彼女はこれに対抗して、生徒会も貴子票を伸ばすための活動をしようと提案します。
でも、"まりやと同じことはしたくない!"という貴子の言葉で、その案は却下。
我儘な会長をサポートするのは大変だねぇ。


画像

選択授業の時間、瑞穂と貴子は隣同士の席みたい。
一方的にライバル視され、因縁をつけられる瑞穂ちゃん。
これじゃあ確かに、授業どころじゃないなw



そんなそれぞれの活動や思惑を経て、ついに迎えたエルダー選挙の日。
注目の開票結果は…。

画像

なんと有効投票数の82%もの票を獲得して、新エルダーには瑞穂ちゃんが選ばれました!
これには瑞穂ちゃんもびっくり。まりやちゃん達の活動が見事に功を奏したね。


画像

しかし瑞穂ちゃんが壇上へ上がり、挨拶しようとしたところへ貴子が。
そして、「転入直後の瑞穂ちゃんが人気投票のような形でエルダーに選ばれるのは、エルダー制度の意義である我が校の伝統を受け継ぐものが選ばれるという主旨から外れている」との演説を行いました。
まぁ、一理あるな。


画像

その演説に対して、昨年のエルダーである紫宛さんが立ち上がる。
彼女は、「エルダーの選定は生徒の自主的な支持によるものなのだから、エルダーとは選挙結果によって選ばれることが本質であり、またそれこそがエルダーとなるための必須条件である」との弁。
瑞穂ちゃんにエルダーとしての素質があるからこそ、転入者なのに支持を集めることができたって言いたいみたいですね。


この2人の演説、生徒達は紫宛さんの意見に賛同したようです。
紫宛さんに向けて送られる大喝采。
ところが良かったと思ったのもつかの間、紫宛さんがいきなり壇上で倒れてしまいます。

画像

紫宛さんをお姫様だっこで抱きかかえる瑞穂ちゃん。
そのまま保健室に連れて行きました。
さすが男の子。でも人を抱えたままステージから飛び降りるのは、さすがに男でもムリだからw


その後紫宛さんの容体が安定したので、講堂に戻ってくる瑞穂ちゃん。

画像

講堂の中に入るなり、生徒達はもう大歓声。
そりゃ人を抱きかかえて走るなんて、普通の女の子にはできるわけないからかっこいいよな~w
反対動議は一発で否決になったみたい、ていうかもう支持率はほぼ100%になったんじゃない?

しかし、「みんなに選ばれること、それが条件の全て」ってね。
まぁ"女であること"なんて条件、女子高にあるわけないしなw


画像

貴子さんもさすがに負けを認めたよう。
曰く、「宮小路瑞穂、なんて不思議な人…」
そりゃまぁそうだろうねw


画像

こうしてこれからは、瑞穂ちゃんのエルダーとしての日々が始まるようです。



次回は「開かずの扉の眠り姫」。恐い話?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック