おとボク #07

画像

早起きしちゃったので、朝から更新。
第7話「小さな妹と大きなリボン」。
OPとEDのみんなの衣装が変わってましたね。
今回から季節も変わり、皆さん冬服です。


画像

ただ幽霊ちゃんは夏服のまま。まぁ寒さは感じないだろうからね。




衣替えに伴い、生徒会による服装チェックが行われました。
そこで奏ちゃんの大きなリボンが、貴子の目についたようです。
貴子さんから「明日から髪にそのような華美な装飾はお止めなさい!」と言われてしまいました。

画像

でも奏ちゃんはどうしても外したくないみたい。何か理由がありそう。



画像

瑞穂ちゃん、授業中も上の空で今朝のことについて考えています。
奏ちゃんのリボンは、果たして騒ぎ立てるほど派手なのだろうか?
そこで巨乳の先生に相談に乗ってもらいます。
「それぞれの許容範囲は主観の問題。奏さんが正しいと思うなら味方しなさい。髪飾りがおかしいと思うなら彼女を説得しなさい」
先生のこの言葉により、瑞穂ちゃんは腹を決めます。


画像

奏ちゃんに向かって、「あなたはわたしが守ります」と告げる瑞穂ちゃん。
カッコいいね!こんなこと普通なかなか言えないよ、さすがエルダーお姉さま!


画像

さっきまでの不安そうな表情から一変して、とても嬉しそうな奏ちゃん。
彼女にとって瑞穂お姉さまの存在がどれほど大きいのかが、よ~くわかるシーンですね。


画像

その後紫苑さんとまりやを味方につけた瑞穂ちゃんは、異議申し立て書を提出しに生徒会室へ向かいます。
受理された申し立ては生徒総会で議題にかけられるみたい。
リボン1つで学校が動くんだね、スゲェなぁw



で、早速このことが生徒会掲示板に報告されたのですが…

画像

当然このことを快く思わない輩も現れる。
まぁ確かに「エルダーお姉さまに懐いてる子が、校則違反をかばってもらってる」、そういう意見が出ても不思議じゃないとは思う。
でも、わざと聞こえるように陰口叩くのは陰湿だよねぇ。

しかし生徒会に校則違反で注意されているのに、異議申し立て中とはいえ、リボンを外さない奏ちゃんはなかなか根性が座っているw


画像

一方で瑞穂ちゃんも、異議申し立てはしたものの葛藤しております。
自分が正しいと思っても、それが全てにおいて正しいのだろうか?
それぞれの主観に基づくことだから正しいことは必ずしもひとつでは無いと、瑞穂ちゃんは思っているようです。



画像

そんな最中、寮において、奏ちゃんが手に包帯を巻いていたのでした。
「転んじゃって…」と明るく話す奏ちゃんですが、はたして─?
一子ちゃんのドジっ娘話は、もっと聞きたかったなぁw


画像

手の怪我は、やっぱり転んで負ったわけではなさそうです。
奏ちゃんのことを快く思わない輩が、校舎裏で取り囲んで嫌がらせしています。
うわぁ、女の子の嫌なところ見ちゃった…。


画像

しかしそこへ、お姉さまが颯爽と助けにやって来ました!
やっぱりカッコいいなぁ!


画像

「恥を知りなさい!」の一言で、退散するイジメっ子たち。
エルダーお姉さまの力は偉大だね。

でも個人的には、まだまだ全然お説教足りないと思います!
だから4人の(特に1番手前側の子の)お仕置きは、ぜひとも俺にお任せあれっ!
たっぷりと調教して、よ~く言う事聞くようしつけますので!(俺が説教だなwww)



画像

そして奏ちゃんの口から過去のことが語られます。
奏ちゃん、実は孤児で父親と母親両方の顔を全く知らなかったのです。
彼女に名前を付けてくれ、そして育て支えてくれたのは院長先生。
いつもつけている大きなリボンは、その院長先生にもらった宝物なのでした。

親がいない彼女にとってこのリボンは、これまで何度となく心の拠り所になったはずです。
となれば、いつでも身に着けていたいという気持ちも理解できるね。



そしてついに始まった生徒総会。
その場において瑞穂ちゃんは、印象の個人差について主張しました。
確かに一人ひとり判断基準は違うもんね。
高校の頃の生徒指導の先生に対して、ぜひ言ってやりたい言葉だなw

しかし、主観の問題ってのは難しい。
より多くの生徒達に支持されなきゃ異議申し立ては認められないってことだもんなぁ。
まぁ多数決ってのは普通そうなんだけど、今回のは特に主観にかかっていると言えるからね。実質好みの問題に近い。
そこで票を取るべく、瑞穂ちゃんが取った生徒達の印象をうまく操作する作戦とは…


画像

瑞穂ちゃん自身がリボンをつける!

「わたしが付けても問題ないのなら、奏ちゃんが付けても問題ないでしょ」という理論。
う~ん、そうかねぇ…。うまく主観の問題を外していると思えるのは気のせい?
大事なのは当人の印象、つまり「奏ちゃんがリボン付けてる姿」の印象だと思うんだけど…。

まぁ別に、俺は変だと思わないからいいんだけどね。
それに可愛かった瑞穂ちゃんのリボン姿も見れたしw



画像

貴子さんは瑞穂ちゃんのことを、敵か味方か判断しあぐねているようです。
自分の考えを否定してきたのに、なぜかそれを申し訳なく思っているという瑞穂ちゃん。
信念を貫いて生きている貴子さんには、その態度がわからないらしい。

まぁマジメすぎるんだろうねぇ。もっと力抜いて生きれりゃいいのだけど。
もっとも、"女学院でお姉さまをやっている男"が何考えているかなんて、わからなくても致し方ないといえるが…。




次回は「縮まらない距離(タイム)」。
まりやとゆかりちゃんの部活動のお話みたいです。

あれっ?そういや今回エロシーンなかったな。前の水着回で出しすぎた影響だろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック