2006ベストイレブン

「uefa.com」でやってる2006年ベストイレブン投票をやってみた。


俺が選んだ選手はこちら



GK レーマン(ドイツ、アーセナル)
DF サニョル(フランス、バイエルン)
DF マルケス(メキシコ、バルセロナ)
DF プジョル(スペイン、バルセロナ)
DF ラーム(ドイツ、バイエルン)
MF ジェラード(イングランド、リバプール)
MF マケレレ(フランス、チェルシー)
MF ジュニーニョ(ブラジル、リヨン)
MF ロナウジーニョ(ブラジル、バルセロナ)
FW アンリ(フランス、アーセナル)
FW トーニ(イタリア、フィオレンティーナ)
監督 ライカールト(オランダ、バルセロナ)

本当はバルサ型の1-4-3-3にしたいんだけど、各ポジションの定員数が決められてたからなぁ。
だからまぁ個人的には、ロナウジーニョはFWとして選出しました。



★GK レーマン
ブッフォンと悩んだけど、今年のレーマンは凄かったからなぁ。
チャンピオンズリーグでもずっと無失点だったし。
W杯のアルゼンチン戦での2本のPKストップも印象的だった。


★DF サニョル
守備力の高い右サイドバックは、バルサ型を組む際に重要なので。
サイドをオーバーラップしてからの正確なクロスも非常に良い。

★DF マルケス
パスを出せるセンターバックは貴重。最近はカバーリングも早く、守備も安定してるしね。

★DF プジョル
センターバックはバルサの2人をそのまま選んでみた。
スペイン代表では、彼の変わりになる選手はいない。

★DF ラーム
利き足は右足ながら、ドイツ最高の左サイドバック。
W杯のオープニングゴールは、すごいミドルだった。


★MF ジェラード
あの強烈ミドルと正確無比で速いロングフィードは鬼。
中盤からセカンドトップまで、どこのポジションやっても世界レベルだもんなぁ。

★MF マケレレ
チェルシーのスター軍団が攻撃に専念できるのは、裏で彼が支えているから。

★MF ジュニーニョ
まぁ俺が好きな選手ってのもあるけど、リヨンが5連覇を達成できたのはこの人がいたからこそだと思う。
FKの精度、バリエーションは共に世界最高。ベッカムよりも断然上。
W杯の日本戦での、強烈な無回転ミドルが有名。

★MF(FW) ロナウジーニョ
説明するまでも無く、世界最高のファンタジスタ。
そのドリブルは、何人マークがつこうとも止まらない。
広い視野を持ち、パスの精度も高い。


★FW アンリ
一瞬にしてDFを置き去りにするスピードと、ゴール前での創造性がスゴイ。
またシュートもラストパスも抜群にうまい。ただ、身長高いのにヘディングだけは下手w

★FW トーニ
前線でのポストプレー・ゴール前への飛び出し・シュートまでの一連の動きは、わかっていても止められない。
セリエAの05~06シーズンで31ゴールをあげた。


★監督 ライカールト
バルサ型のチームを組むので、監督もバルサの監督で。



まぁ、こんな感じかな。
この選手達でバルサ型のチームを作ったら、相当強いと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック