3択エリス

サ:ただいま~!

エ:あっ、おにいちゃん、おかえりなさ~い!ご飯にする?お風呂にする?それとも…、わ・た・しにする?

サ:ご飯にする。

エ:むぅ~!

サ:ん?どうした?

エ:フンッ!はい500円玉!それでコンビニで弁当でも買ってきたらいいじゃん!

サ:何怒ってるんだよ?

エ:お、怒ってなんかないもん!

サ:そうか?それじゃあ、ご飯は後でいいから風呂に入るぜ。

エ:ふ、風呂なの!?お風呂とわたしとで、お風呂の方を選ぶの!?

サ:えっ?そ、そうだけど…

エ:むぅ~!はい、500円玉!それで銭湯にでも行ってくりゃいいじゃん!

サ:やっぱり怒ってるよな?

エ:お、怒ってなんかないって言ってるでしょ!?

サ:そ、そうなのか?でも銭湯行くのは時間かかるからヤダなぁ…

エ:そうでしょ?ご飯買って来るのもお風呂入りに行くのも時間かかるでしょ~?だからぁ今すぐできることであと残ってるのは、わ・た・しだけだよぉ♪

サ:よし!今日はもう寝よう。

エ:ちょ、ちょっとおにいちゃん!お腹すいてないの?ご飯買いに行くの面倒なら、わたしを食べていいんだよぉ!

サ:……。(聞こえない聞こえない…)

エ:お、おにいちゃん!おにいちゃん!

サ:……。

エ:おにいちゃん…。 ゴ、ゴメンなさい…

サ:…えっ?

エ:変なことばっか言ってゴメンなさい…。聞く前からおにいちゃんがわたしを選ばないってことくらいわかってた。ただそれでもね、ちょっと冗談で「お前にするよ」とか言ってくれるの、少しだけだけど期待してたんだ…。

サ:……。

エ:まぁそんな風には言ってくれないにしても、ツッコんでくれればそれはそれでまた嬉しいからね。でもさすがに無視されるのは、嫌われてるみたいでちょっとこたえるよ…。

サ:うっ…、そ、そうだったのか…。悪かったな…。わかった!冗談でもいいなら言ってやってもいいぞ。

エ:ほ、本当!?

サ:あぁ。で、でも本当に冗談だからな!シャレだからな!

エ:うん!シャレでも全然嬉しいよぉ!言って言って!

サ:─選んでほしかったんだろ?イジワルしてゴメンな。

エ:う、うん…。

サ:ご飯でも風呂でもなく、エリスにするよ…

エ:お、おにいちゃん…

サ:エリス…

エ:おにいちゃん…。ゴメン、わたし今生理中なの!だから終わるまでは我慢してね。

サ:な、なんじゃそりゃ!結局お前を選んでもダメだったんじゃないか!

"3択エリス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント