京四郎と永遠の空 #07

第7話「彷徨いの哀歌」。
ストーリーがもう訳わからん。




画像

前回の終わり方からは考えられないほど、普通な始まり。



画像

かと思ったら、突然スイッチが入って鬱モードに。
せつなちゃんの上で、「私が絶対天使だなんて酷いよ~!」と泣きじゃくる。
空ちゃん、確かに可哀想ではあるけれど、この自己中な態度はいかがなものかと。



画像

恒例のお風呂シーン。
でも空ちゃんがせつなちゃんと一緒に入るのを拒否したため、今回は1人。
ちぇっ!



画像

画像

画像

空ちゃんの空気の読めなさは凄いなぁ。ノート開けっ放しで行くなよ!w
さすがのせつなちゃんも、キレる寸前www



画像

こっちはこっちでおかしくなってるなぁw
空ちゃんのことを考えると、胸が苦しくなっちゃうようですw
それにしてもこの人、相当なブラコンのようだ。




画像

空ちゃん、このままではいけないと思ったのか、自分の剣を出す練習中。
ハァハァしながら「好き…、好き…、大好き…」って言ってるのがエロかったw
しかし剣は出るはずもなく…



画像

途中で出てきた、お城に住むこの人は一体誰でしょう?
終盤にかけてストーリーに絡んでくるのかな?




そして、この後事件は起こった…

画像

画像

画像

空ちゃん、京四郎の目の前でいきなり脱ぎ始めたぞ!www
「私何でもします…」って!www

「いくらやっても剣が出ない自分は、戦闘では役に立たない。それならば…」って覚悟は確かに分かる。
でもせつなちゃんの言葉、「京四郎のして欲しいこと、何でもするの」って言葉の意味、これはいくら何でも取り違えてるだろ!www



画像

画像

画像

パンティまで脱いで一糸纏わぬ姿になった空ちゃん…。いや、ニーソックスだけ履いた姿になった空ちゃん。わかってるねぇwww
でもここまで来てビーチクを隠すなよっ!w
京四郎も目をカッと見開いて、空ちゃんの体をしっかりと凝視していますw



画像

画像

画像

画像

画像

このまま京四郎とヤっちゃうのかと思いきや…
京四郎「バカやろう!」
だってさ。

京四郎も据え膳食わぬとはまだまだだな。
ここで「イこう、一緒に…」って言ったら、最高だったのにw
まぁでも俺の空ちゃんの貞操が守られたので、良かったぁ~!




次回「刻の目覚め」。
さてこの作品、一体どこへ向かっていくのでしょう?
最終的にどこで落ち着くのか全く読めん。

"京四郎と永遠の空 #07" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント